ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > 映画  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォンテッド

2008 - 09/27 [Sat] - 16:25

原作などは知りませんが他の映画を観てた時に流れてたんで気になってた映画。

だって、銃弾曲げられるんですよ!?

そりゃあ気になるっていうんで見てきたところ、トンデモ的なアクションの映画でしたw

でも、あれくらいやってくれたらそれはそれでよかったですわ。
最後にああいう落ちがあるってのは最近の流行なのかわかりませんが面白かったよー

スポンサーサイト

スカイクロラ

2008 - 09/09 [Tue] - 23:03

ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた。そんなある日同僚のパイロット、ユダガワが撃墜され死亡してしまう。墜とした相手は、「ティーチャー」となのる敵のエースパイロットだった……。

この映画を観てまず思ったことはまず、ラストの展開を知らないでおいた方がいいっていうのと、事前にあんまり調べない方がいいってことかな?

とりあえず、なんの先入観も無しに観た方がいいと感じました。

戦闘シーンやちょっとした場面ではさすが押井さん!って感じの魅せる映像が見れてとっても眼福w

感想として、面白い...とかではなく良かったかな?って感じ。

ダークナイト

2008 - 09/09 [Tue] - 22:35

ゴッサム・シティーに現れた最悪の犯罪者ジョーカー彼は、マフィアたちに成り代わってバットマンを追い込む“ゲーム”を開始。それは「バットマンが正体を明かさなければ、毎日市民を殺す」という卑劣なルールで、戦いの中ゴードン警部補も凶弾に倒れてしまう。ブルースは遂にバットマンの正体を明かすことを決意。記者会見に登場しようとするが、それを制したのは新任検事で“光の騎士”と慕われるデントの意外な行動だった……。

いわずと知れたバットマン。

友人と観にいく映画を相談していたら、周りの観た人間が結構良かったと言っていたという情報を得て、んじゃ観てみましょうかという流れに。

そういえば、テレビ等では観たことあったんだけど劇場でってのは初めてでした。

結論としては良かったかなと。
バットマンを観たことが無くても楽しめたという事前に聞いていた感想どおりで、ジョーカーがいい感じにハマリましたw

空の境界 5章 矛盾螺旋

2008 - 08/31 [Sun] - 01:47

この前調べずにこの映画をテアトルダイヤで観ようとしたらデトロイトメタルシティに変わってしまっていて観ることができず、今回満を持して上映館と時間を調べ行ってきました。

場所は新宿高島屋タイムズスクウェア12Fにある映画館。
余談ですが、このレストラン街では建物の外に出ることができ、庭のような感じになっています。
夕方ぐらいにそこに行くと景色がいい感じかもしれませんね。


で、今回の空の境界はなんと2時間。
今までに無い長さですw

まぁ、原作を読んでいて今回の5章が一番印象に残っていたわけですが、良かったですね。
ってか、荒屋がシブスギルw

コノ調子でサクサクっと6章7章が観たいんだけど次はいつごろ上映かな?

ハムナプトラ3

2008 - 08/16 [Sat] - 23:57

外務省に頼まれ、巨大ダイヤを返還するために上海を訪れたリックとエヴリンの夫婦。そこで遺跡発掘に励む息子との思わぬ再会に驚くが、超能力を持つ皇帝のミイラが数千年の眠りから目覚めるという事態に遭遇する。

私の中では絶賛のこのハムナプトラシリーズの最新作。

これまでは、エジプト関連だったのが今回は中国ときて、正直どうかなーと思っていたんですが
そんな事は関係なしにいつもどおりの魅せるアクションがあり満足のいく出来でしたね。

感覚でいうとインディ・ジョーンズみたいなノリで見れる映画って感じでしょうか?
今回敵役にジェット・リーが起用され、それがまたいい感じなので気になってるって方はぜひぜひ見てください♪

 | HOME |  »

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。