ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > 2007年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況ほうこく

2007 - 10/30 [Tue] - 22:55

あ~最近めっきり週報みたいな感じになっちゃってますな。
ネタはあるのに日々のゲームに忙しく・・・w

まぁ、ここでは書いてなかったんですが7月末あたりからサドンアタックという無料FPSをやってます。

今でもやってはいるけど今日はそっちではなく。以下のゲームをご紹介。


DreadNought

何となく窓の杜を見てたら見つけたもので最大20人同時に遊べるネット対戦艦隊シュミレーションゲーム。
そのレビューを見ていたらこれは自分好みだなと確信して早速やってみました。

初陣で間違ってホストをやってしまった挙句個人戦なんぞやらかしてしまって巻き込んでしまった皆様には大変申し訳ないことをしてしまいましたがなかなかに置くの深いゲームでしばらくは続きそうだなとw

手軽に出来ますので興味を持ったらやってみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

ホワイト・オペラ 鋼殻のレギオス 7

2007 - 10/24 [Wed] - 00:30

ホワイト・オペラ 鋼殻のレギオス 7 ホワイト・オペラ 鋼殻のレギオス 7
雨木 シュウスケ (2007/10)
富士見書房
この商品の詳細を見る


とうとう始まりました都市対抗戦!しかしその場にレイフォンの姿はなく・・・。

てっきりサヴァリスとのバトルがあるのかと思ってましたがまだでしたねw
あ~、早くみたいわぁ~。

★★★★☆・・・この後数日はシリーズの読み直しに費やしましたとさw

大伝説の勇者の伝説 1

2007 - 10/22 [Mon] - 22:29

大伝説の勇者の伝説 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 111-35) 大伝説の勇者の伝説 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 111-35)
鏡 貴也 (2007/10)
富士見書房
この商品の詳細を見る


やってまいりました大伝説の勇者の伝説!

そしていきなりやってくれました!!!

・・・Σ(゚д゚lll)

フェリス大丈夫なんだろうか?w
ローランドを脱出しようとした矢先の窮地。ライナはどうなるのか・・・ん~気になりますなぁ

★★★★・・・グダグダなライナは今後みれるんかね?

BLACK BLOOD BROTHERS 8

2007 - 10/21 [Sun] - 22:14

BLACK BLOOD BROTHERS 8 (8) (富士見ファンタジア文庫 96-13) BLACK BLOOD BROTHERS 8 (8) (富士見ファンタジア文庫 96-13)
あざの 耕平 (2007/10)
富士見書房
この商品の詳細を見る


やべぇ。ミミコかっこいい!!!

・・・要約するとこんな感じ?w
実は今日は一日中とある試験をやっていたんですがその休み時間中やらでずっと読んでいたのがこの一冊。

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

勉強しろよという突っ込みは無しの方向でw

無事ミミコ達が特区を脱出しそれぞれの道を進み始めるこのお話。
非常に続きが楽しみです。

★★★★☆・・・バウワウ公いいなぁw

“文学少女”と慟哭の巡礼者

2007 - 10/19 [Fri] - 19:56

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5) “文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)
野村 美月 (2007/08/30)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


ビター&スイートな物語、衝撃と感動の第5弾!

遠子の受験・卒業を目前にし、寂しい思いにとらわれながらも、
ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。
だが、ななせがケガをし、入院先に見舞いに行った彼は、
その心を今も縛り付ける、ひとりの少女と再会する――!
過去に何があったのか。そして今、彼女は何を望んでいるのか……。

心葉は、そしてすべての物語を読み解く”文学少女”は、その慟哭の中から
「真実の物語」を見つけ出すことができるのか!?


この5巻でこのシリーズ最大の謎(?)が明かされます。
コレまでのお話と登場人物はこの5巻に来るまでの長い伏線だったような・・・

ともかく、心葉も大きく成長するこの5巻。買いですネ!

★★★★☆・・・話で出て来る文学小説を知ってるともっと面白いんだろうなぁ。

野菜ジュース

2007 - 10/15 [Mon] - 23:17

最近なんか身体の調子がおかしい今日この頃。一人暮らしだし楽だからと言う理由でもっぱら外食ばかりしてる自分を振り返ってみたり。

食費もバカにならないし先週辺りから簡単なものだけど自炊の割合を増やしつつ、昨日は野菜ジュースなんてものまで買ってみたり。

・・・そんな事をした矢先にこんなニュースを見つけてちょっぴし凹む
「1本で1日分の野菜」ジュース、35品が落第

ちょw
人が久しぶりに野菜ジュースなんてもんを買ったっていうのになんてタイムリーな記事が・・・orz

表示をそのまま信じていた訳ではないけれどなんでこんなタイミングで見つけるかな~自分。

トゥインクル☆スターシップ14 あなたはこれから何がしたいの?

2007 - 10/15 [Mon] - 22:13

トゥインクル☆スターシップ14 あなたはこれから何がしたいの? (ファミ通文庫 し 1-1-14) トゥインクル☆スターシップ14 あなたはこれから何がしたいの? (ファミ通文庫 し 1-1-14)
庄司 卓 (2007/07/30)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


いよいよクライマックスへと近づいてきました。
ユアンがコンヴェクツの総督だという事が知られこれから一気に話が進むのかな? といった所でしょうか。。。

1年の航海実習というストーリーながらもう14巻です。
いやぁ、長いもんだ。。。

★★★・・・実習航海は成功するのかどうか

ウィザーズ・ブレイン 6〔下〕

2007 - 10/13 [Sat] - 22:08

ウィザーズ・ブレイン (6〔下〕) (電撃文庫 (1500)) ウィザーズ・ブレイン (6〔下〕) (電撃文庫 (1500))
三枝 零一 (2007/10)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


さて待望の下巻です。

・・・(*^ー゚)b グッジョブ!!

やっぱり三枝さんは最高ですね♪
1巻が出た頃からもう5年くらいでしょうか?
どれもいいはなしで毎回待ち遠しい限りです。

今回は結局天樹家のメンツは離れ離れになる次作以降の伏線もたくさんありwktkしながらまた半年(?)以上まつかと思うとたまりませんね。。。

★★★★★・・・内容は雑になって欲しくないので遅くて良いから頑張ってください

量産型はダテじゃない!

2007 - 10/11 [Thu] - 21:13

量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫 (180-1)) 量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫 (180-1))
柳実 冬貴 (2007/09/20)
富士見書房
この商品の詳細を見る


・・・まぁ、タイトルで衝動買いしたのは言うまでもなくw

いや、このタイトルなら買いでしょ!
量産型だよ量産型!!
ザ○やジ○じゃないけどその言葉に惹かれる人はいるはず。

実は私もどちらかと言うとガンダムよりもジムが好きだしってことで買って見ました。
内容は買って損では無いけどもう少し次回が出るなら期待したい部分は結構ありましたね~。シリアスをちょい混ぜつつもぶっ飛んだ内容はライトノベルらしいといえばライトノベルらしいって感じ。


★★★☆・・・シュナイダーの出番が序盤の引っ張りに比べてかなり少なかった感じがしたw

コトバ

2007 - 10/07 [Sun] - 16:26

ちょっとこんなのを見つけたので貼ってみます。

実は使い方を間違えていたコトバランキングっていうものですが、その1位にある"役不足"という言葉。

どうやら本当の意味は
「能力に対して、役目が軽すぎること。」らしい。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
「能力に対して、役目が重過ぎる事。」じゃ無かったんですか!?

他にも間違って使ってるのはありましたがこの1位の役不足についてはかなりショックw

意味がまったく逆じゃねぇかw
いやー、日本語ってムズカシイデスネ。

くじびき勇者さま 5番札 誰が守り神よ!?

2007 - 10/07 [Sun] - 16:19

くじびき勇者さま 5番札 誰が守り神よ!? (HJ文庫 し 2-1-5) くじびき勇者さま 5番札 誰が守り神よ!? (HJ文庫 し 2-1-5)
清水 文化 (2007/09/29)
ホビージャパン
この商品の詳細を見る


逃亡の旅を続けるナバルとメイベルが辿りついた南アルテースの都市ラクスは、空を飛ぶ機械やエンジンの開発が進むなど、独自の発展をした技術の都だった。その技術に目をキラキラさせるメイベルと空を飛ぶ機械に興味を示すナバルだったが、この都市で内戦に巻き込まれてしまう。

ああ・・・いいですねぇ、和むw
清水文化さんの書く小説の独特の雰囲気って好きですし、このくじびき勇者様シリーズもその雰囲気が良く出ていると思いますw
今回のお話はサクラスとラクスの町での文化や技術の違いが中心でちょっと内容的には物足りない感じもするかもしれません。

ですが、私は満足ってことでw
(先ほど4巻を読み直したりとか・・・)

★★★★・・・(≧∇≦)b

イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ

2007 - 10/06 [Sat] - 16:04

イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ (角川スニーカー文庫) イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ (角川スニーカー文庫)
神崎 リン (2006/08/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


「正樹いくよっ!」…亜美、女の子がイクというのはどうかと思う―とか考えながら向かってるのは派遣先の神社。そう俺たちは神社仏閣を管理する“玉城一族”の血をひく由緒正しき神子なのだ。毎年お盆のこの時期、退魔仕事を果たすはずが、鳥居の先で待ち受けていたのは迷子の幼い女神!?しかも記憶喪失!?この夏からはじまる亜美と正樹の甘くてクールなイチゴミルクデスティニー!第10回スニーカー大賞“奨励賞”受賞作。

たしか発売日辺りに買った筈なのに...あれ?1年以上経ってますか?w

しかも3巻まで出てるんですね・・・

まぁ、よくあることですが。。。


なかなか良かったと思います。正樹がちょっと変態の妄想しすぎなのがちとあれですが十分続編に興味が沸いて来る内容でした。まぁ、機をみて続きを買ってみようかなと思います。

★★★☆・・・タイトルがちと意味わからんかった。

ウィザーズ・ブレイン 6中

2007 - 10/05 [Fri] - 16:04

ウィザーズ・ブレイン 6中 (6) ウィザーズ・ブレイン 6中 (6)
三枝 零一 (2007/04)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


徐々に真昼の考えが見えてきたようなそうでないような?w
とにかく、良い具合にテンションが上がってきましたよ私が!

さぁ、果たしてこれからどんな結末がまっているのか楽しみですw

★★★★☆・・・wktkしながら待ちますw

ウィザーズ・ブレイン〈6〉再会の天地〈上〉

2007 - 10/03 [Wed] - 23:04

ウィザーズ・ブレイン〈6〉再会の天地〈上〉 ウィザーズ・ブレイン〈6〉再会の天地〈上〉
三枝 零一、純 珪一 他 (2006/12)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


シティを支える“マザー・システム”の秘密を全世界に告発した“賢人会議”は、全シティに対し宣戦を布告した。行方不明の兄姉を捜す錬は、兄・真昼が“賢人会議”の参謀として、姉・月夜が“シティ・モスクワ”軍の捕虜として、ともに“シティ・ニューデリー”に向かう事を知る。“シティ・ニューデリー”の議会は、魔法士を犠牲にしながら“マザー・システム”を稼働させ続けるか、魔法士を守るために“マザー・システム”を棄てるかで紛糾していた。ヘイズの助けで“シティ・ニューデリー”に潜入した錬が出会ったのは、魔法士でありながら“マザー・システム”存続を唱える執政官アニルだった…。


大好きなこのウィザーズブレインシリーズ。去年の年末に出たのにここまで取っておいたのはもちろん一気に読みたいから><

別に1日1冊読んでるとかヘビーな読書家では無いけれど1ヶ月に10冊近くも読んでいると続きが出たときに若干記憶が薄れている事があって・・・(いや、決して私の脳が老化しているわ(ry)

で、今回のこの再会の天地は3巻構成のようでまだこの上巻では謎が謎のままのこってるしどういう展開になっていくのか読めませんが・・・イイネ!
これからの展開が楽しみでたまらねぇよ!

★★★★・・・はやく続きが読みたいなw(手元にあるけど)

トゥインクル☆スターシップ 13

2007 - 10/03 [Wed] - 22:58

トゥインクル☆スターシップ 13 (13) トゥインクル☆スターシップ 13 (13)
庄司 卓 (2007/03)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


もう13巻なんですねぇ・・・。今回はこれまで謎のままだったビーストに関してが語られていますし、ここから一気にクライマックスへ進んで行きそうです。
・・・むぅ。目が離せませんね

★★★☆・・・ユアンはこれからどういう行動にでるのかな?

まじしゃんず・あかでみい IX

2007 - 10/03 [Wed] - 22:55

まじしゃんず・あかでみい IX (ファミ通文庫 さ 2-2-9) まじしゃんず・あかでみい IX (ファミ通文庫 さ 2-2-9)
榊 一郎 (2007/08/30)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


ちょっと、怠けてしまって読んだ本が溜まったのでまとめて記入。

”長谷川タクト”と主人公とするこのシリーズの最終巻!
まぁ、変な言い回ししましたがまだまだ続くようですからね~。別の人主人公にしてw

で、内容ですが。ちょっとクライマックスへの持っていきかたが強引だったんじゃないかなぁと。でも、なかなかに面白かったしいいかw

★★★★・・・タナロットとか完全に脇役だったなぁ~・・・

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。