ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > サイレントヒル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレントヒル

2006 - 07/23 [Sun] - 23:06

夢遊病のように歩き、“サイレントヒル”とつぶやきながらうなされる少女シャロン。ローズとクリストファーの夫婦は、赤ん坊の頃に養女として引き取った愛娘の言動に心を痛めていた。サイレントヒルという街が実在することを突き止めたローズは、車でシャロンと街へ向かう。そこは30年前の大火災が発生後、閉鎖された街だった。山道で事故を起こしたローズが意識を取り戻すと、娘がいない。彼女は娘の姿を求めて、灰の霧に覆われた街へと足を踏み入れた。

観て来ましたよ!サイレントヒル。

一人で観にいく勇気が若干足りず、友人誘って4人で池袋のシネマロサで観て来ました。(チキンですみませんw)

え~っと、内容は良かったと思います。私は原作のゲームやってないから比較出来ないんですけどね。恐さ的に見てもゲーム風の恐さって言うんですかね?
まぁ、そんなんでなんとか堪えることが出来ました・・・

でも、ここらへんの恐さが私の限界でしょうかね、邦画のホラーとかは絶対いけそうに無いなと思う今日この頃。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/101-39aa73af

サイレントヒル

サイレントヒルサイレントヒル (SILENT HILL)は、コナミから発売されたホラーアドベンチャーである。略語はサイレントヒル=静かな丘、という事で「静岡」等がある。映画化もされ、日本では2006年7月8日に公開された。第一作をベースにしている。サイレン

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。