ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > 楓の剣!!2~ぬえの鳴く夜~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楓の剣!!2~ぬえの鳴く夜~

2006 - 08/11 [Fri] - 20:45

楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜 楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜
かたやま 和華 (2006/04)
富士見書房
この商品の詳細を見る


「ばっかじゃねぇの。正月だからって、気張ってそんな女みたいな格好しやがって」「したくてしてんじゃないわよ。ってゆうか、あたしは元々、女よっ」大身旗本の姫ながら常に袴姿で町を歩く、名物じゃじゃ馬姫の榊原楓と腐れ縁の許嫁、筒井弥比古は二人で出かけた神田明神への初詣でもきゃんきゃんと口げんか。そんな中、楓が食べていた大福をいきなり「よこせ」と言ってきたのは、明け方の池に張る薄氷のごとき美人の高飛車姫。負けん気の強い楓は、当然のごとく、くってかかり―。そのころ江戸では正体不明の辻斬りが横行し、楓の幼馴染みで京菓子屋の若旦那・嘉一も襲われてしまう。楓と、嘉一の護法童子・羽瑠は、仇をとろうと事件を探り始めるが…。じゃじゃ馬姫の大江戸謎解き草子第二弾。


楓の剣第2巻。この小説を手に取ったきっかけはイラスト買いでした。
1巻目の内容を思い返してみると・・・ストーリーにイマイチ感がありましたねぇ。
それでも、弥比古と楓の関係やらが私のツボに入ってたりイラストとキャラがはまっててって感じで惰性で2巻目w

1巻目より内容は良くなってました。かたやまさんは随分古風な言い回しで描写を書いたりしますよね。いくつか初耳だったり意味が判らない台詞なんかもあったけどここら辺は私の語力不足といった所なので問題ナッシング。正直ホッとした分次巻への期待なんかも出てきましたね。
楓はこれからどう成長してくのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/133-3411a21c

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。