ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:た行 > トリックスターズM  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリックスターズM

2006 - 08/12 [Sat] - 16:00

トリックスターズM トリックスターズM
久住 四季 (2006/08)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


周がまどろみの中で見た夢、それは大胆な犯行予告とも言うべき「予知夢」であった。被害者の視点で紡がれる夢は、一体誰に起こりうる未来なのかを知らせてはくれない。ただ、今までの経験上言えることは、ごく近しい人間―いつのまにか周にとって大切となってしまった凛々子たち5人である可能性は高かった。未来視とはその名の通り、確定した未来を事前に見るものである。不可避の未来を前に初めて、それを変えようと動く周。そして、いつどこで誰が被害者になるのかを探るイレギュラーな推理が始まるのだが…!?魔術師と“M”の物語、登場。

トリックスターズDのお話から1日たっただけの同じく学園祭で起きた話。周がみた未来視を巡って犯人を捜すという物だが佐杏先生の出番が少なかったのが残念(´・ω・`)ショボーン
まぁ、今回のお話の展開ではしょうがないし。佐杏先生がノリノリで事件に関わっていく展開ではなく、あくまで周が解決するように仕向けたのは面白かった。
ただ、MID主催の推理ゲームのネタバラシはもうちょっと奥深く書いて欲しかったなぁ~なんて思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/134-edd76f47

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。