ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:は行 > バイトでウィザード~したがえわが宿命に、と少女は呟いた~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトでウィザード~したがえわが宿命に、と少女は呟いた~

2006 - 08/25 [Fri] - 21:42

バイトでウィザード したがえわが宿命に、と少女は呟いた バイトでウィザード したがえわが宿命に、と少女は呟いた
椎野 美由貴 (2005/02/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


謎の団体から次々と刺客が送られ、追いつめられる京介。そしてその組織は最凶の殺し屋をさしむけてきた。その名は砂島礼子。かつて京介が愛し、死んでいった少女だ。その礼子が生きて、そして躊躇なく彼を殺そうとする。一体なぜ!?京介の心は千々に乱れ、親友だった豊花はただ涙を流すばかり。どうしても礼子の真意を確かめたい。この想いを抑えられず、京介は暗殺者となった恋人の待つ街へ走りはじめた!長編版、波乱の第7弾。

今日は品川区で一番大きな図書館に行ってきました。
場所は新馬場、家からは徒歩30分程度の距離。

そこでホントはいつもと違うジャンルの本でも読もうかと思っていたのについつい足が児童書-ヤングのコーナーへ。。。

するとそこにはそこそこのライトノベルが置いてあって・・・
はい、その通りです。そのまま読んじゃいましたorz


今日読んだのはバイトでウィザード。丁度一人暮らしを始めるときにどこまで買ったか判らなくなり以後買ってなかった作品です。

1年半前の記憶だけれど結構覚えてるものです、ナイス記憶力!
そんなわけで閉館まで1冊だけですけど読んじゃいました。
ただし、次がどうやら図書館に無いようでどうしようか悩みどころ・・・どこまで読んだか判った事だし再び買い始めるか?うーん。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/150-8220622e

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。