ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > グエムル 漢江の怪物  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グエムル 漢江の怪物

2006 - 09/07 [Thu] - 21:04

ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにならないが、娘のヒョンソを愛する気持ちは人一倍強かった。行楽客でにぎわうのどかな午後、人だかりのする方へ行ったカンドゥンは、橋にぶら下がり、うごめく大きな”何か”を目撃する。そして”何か”は土手に這い上がり、あっという間に人々を襲って喰い始めた。そして逃げる途中、娘のヒョンソはその怪物にさらわれてしまう。その夜、一本の電話がカンドゥンにかかってきた。「おとうさん、助けて…」。

韓国モノモンスタームービー。
映画予告とかで見て気になってたんで今日見てきました。感想として・・・まぁ暇つぶしにはなった?w

モンスターモノにしては漢江の川だけで済んでいるまれにみる被害の小ささとでもいいましょうか。結局ヒョンソは死んじゃって私的にはバッドエンドに近い作品だと思われます。
見所と言っても言葉に詰まりますがまぁ最初の一言通り、"暇つぶしにはなった"・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/168-bef64786

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。