ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:は行 > BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告

2006 - 09/12 [Tue] - 17:21

BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告 BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告
あざの 耕平 (2006/02)
富士見書房
この商品の詳細を見る


…いい奴、なのに。夕暮れ時の繁華街に佇む、人の血に手を染めた吸血鬼。その姿を見つめて、ミミコは思う。彼は同胞をかばっただけ。―なのに、なぜこんなことに?存在しないはずの“第11地区”の噂。そして実存した“九龍王の遺灰”。二つの要素が『カンパニー』と協定血族の関係に影を落とす中、吸血鬼の存在が公になる事件が発生した―。人間と吸血鬼の共存は、理想でしかないのか?それとも『九龍の血統』の陰謀なのか?不穏な風が吹く特区で、誰もが自分の道を探し迷走する。そして、調停員・葛城ミミコにも選択の時が迫っていた…。望月兄弟の特区上陸から1年。運命の孵化が始まる新感覚吸血鬼ストーリー。

ジロー達が特区に来てから1年。特区が出来てから11年とうとう変化が!?
っと行った所でしょうか。思えばこの特区というのは薄氷の上を歩くような状態だったわけですしいつ壊れてもおかしくなかった。
最期にミミコがカンパニーをくびになっちゃいますがショートの方ではしばらくカンパニー編が続くようですねw
密かに日常を綴ったショートが好きなので安心です。

さて、5巻では変化の始めが語られてますが6巻以降どうなっていくのか!最新巻は今月発売ということで楽しみですねw
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/177-ec333daf

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。