ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:ま行 > 蟲と眼球と愛の歌  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲と眼球と愛の歌

2006 - 09/23 [Sat] - 00:42

蟲と眼球と愛の歌 蟲と眼球と愛の歌
日日日 (2006/08)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


エデンの林檎の不思議な力で人知を越えた存在となった少女・眼球抉子―通称グリコ。不死身の彼女は、千余年の時の中で初めて、「大切な存在」宇佐川鈴音と出会ったが、林檎を狙う者たちとの戦いのなか、鈴音は意志のない生ける屍・肉人形となってしまった。鈴音の恋人・賢木愚龍は彼女につきそい、献身的に世話をするが、それだけでは鈴音は救えない。グリコは、「仲間」になった殺菌消毒・美名、不快逆流・蜜姫とともに、鈴音をもとに戻せる人物―『一人部屋』を探しはじめた。一方『一人部屋』は、自分を助け出したとある人物と、奇妙な同居生活を送っていた。“幸せ”を取り戻すための戦いは佳境へ。新感覚ファンタジー。第四弾。

読んだ人は判ると思いますが、ほんとこの物語の"世間"の狭さときたら。。。と、思わず言わずにいられないような状態ですなw

つーか、大きな欠片の保持者のほとんどがボロアパート住まいですか!?

まぁ、それはよしとして今回のお話。特に後半がちょっと展開が速すぎた印象が・・・

少年ジャンプの打ち切り間近の話じゃないよね?

っていうぐらいクライマックスに一直線に進んでるような気がしました。まぁ、おかげで次が最終巻で見逃せなくなったともいいますがw

まぁ、そんなこんなで次を楽しみに待ちましょうかねっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/191-ddc4a194

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。