ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記 > Hellgate:London  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hellgate:London

2006 - 09/26 [Tue] - 21:19

ふらりとゲームニュースを見ていたらこんな記事が

「Hellgate:London」日本語版の開発状況やいかに? Bill Roper氏インタビュー

読んでみると、なんでもゲームショウで日本語版が公開されていたとか・・・

気づかなかったよ・・・orz

私がこのゲーム(まだ開発中)を知ったのは以前Algol氏にFPSに最近凝っているって話をした時に「Hellgate」ってゲームがあると聞いたのがきっかけ。
そんな訳で、その時の話をなんとなく思い出してサイトを調べてみました。場所はここ


現在の所、職業はテンプラーとカバリストの2職しか紹介されていないがこれから増えるらしい。上記サイトよりMOVIEが公開されておりそれを見る限りは面白そうだと感じました。皆さんもちょっと見てくだされ。

舞台は2020年のロンドン。世界の至る所に開いたヘルゲート(地獄の門)と亀裂。そこから悪魔がやってきて世界を滅茶苦茶にしちゃうっていう展開。

むむ、結構面白そうですな

正直、Algol氏から聞いたときは微妙に感じていたのですがMOVIEやらストーリーやらを自分で調べてみたらなかなかのもの。
日本ではまだFPSがあまり認知されていないとインタビューで語ってましたが私はもうバッチリですのでそこの所は問題なく受け入れられますしまだまだ発売は未定ですが十分期待できそうですね。

ちょっぴりテンプラーやってみたいなーと、妄想してみたw

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/199-2c3e42e7

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。