ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > X-MEN:ファイナル ディシジョン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-MEN:ファイナル ディシジョン

2006 - 09/27 [Wed] - 21:26

ミュータントを導くための学校エグゼビア・スクールの主催者、チャールズ・エグゼビアはグレイ家を訪ねる。両親は、一人娘ジーンが病気だと思い世間に隠していた。しかし、彼女は世界最高のミュータントパワーの持ち主のエグゼビアをはるかにしのぐ能力の持ち主だった。それから10年後。大企業ワージントン社の社長の息子、ウォーレンは、自分の背中に翼が生え始め、誰にも言えず悩んでいた。彼が自分の手で翼を切り落とし、手と体が血で染まっているのを父親に見られ、父親は息子がミュータントであると確信する。

観て来ました!X-MENの最終章。スコットがサクッと死んだりチャールズが消し飛んでみたりとなかなかの見所が満載でした!
X-MENシリーズの中では最高の出来ではないかと。

まだ見てないX-MEN好きは見るべきです。それとスタフロール終了後意味深な映像があるので終わったからと思ってすぐ帰るのはやめた方がいいぞ!

今日も帰ってる人が結構いたからその人たちは残念賞

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/201-92cd6147

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。