ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > ゲド戦記Ⅰ~影との戦い~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記Ⅰ~影との戦い~

2006 - 09/29 [Fri] - 17:16

ゲド戦記 1 影との戦い ゲド戦記 1 影との戦い
アーシュラ・K. ル・グウィン (2006/04/07)
岩波書店
この商品の詳細を見る


アースシーのゴント島に生まれた少年ゲドは、自分に不思議な力がそなわっているのを知り、真の魔法を学ぶためローク学院に入る。進歩は早かった。得意になったゲドは、禁じられた呪文を唱えてしまう。

ゲド戦記劇場版を観てからはや2ヶ月。そろそろ私の記憶の中でも"よき思い出"と化した今日この頃買っておいた原作を読むことにしました。
外伝込みで全6巻。まだその1巻目ですがファンタジーとして壮大な世界観で描かれている作品だと思いました。
読んでみて最初の1冊目にもゲドの生い立ちが凝縮されていて7年分かな?数々の島を渡り苦難の道を進んだ事が綴られています。

最近、この手のちょい重めな小説は読んでいなかったのでより新鮮な感覚で読めました。ロードスとか好きな人にはおススメ出来るかな?ただ残念なのが訳されたものだけあって言い回しが読みにくい感じがしましたがそれはしゃーない。
まぁ勢いにのって一気に読んでしまう所存です。


・・・他の本もあるしなるべく早めに切り上げないと
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/205-a2cb5385

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。