ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > ゲド戦記3 ~さいはての島へ~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記3 ~さいはての島へ~

2006 - 10/14 [Sat] - 12:26

斜体文

ゲド戦記 3 さいはての島へ ゲド戦記 3 さいはての島へ
アーシュラ・K. ル・グウィン (2006/04/07)
岩波書店
この商品の詳細を見る


大賢人ゲドのもとに、ある国の王子が知らせをもってきた。彼の国では魔法の力が衰え、人々は無気力になり、まるで国中が死の訪れを待っているようだと。ゲドはアレン王子を連れ、見えない敵を求めて旅に出る。


ハイ!やってまいりました第3巻!!
前回読むスピードアップさせるとか言っておきながらバッチリダウンしましたごめんなさいorz


そんでもってライトノベル分(ティングを構成する主要成分の1つ)が足りなくなってきました(;´Д`)ハァハァ

と、いうことでちょっと同時進行で行って見たいと思います。
翻訳のせいか結構読みづらいんだよなぁ・・・話は悪くないんだけど。

と、言うことで魔法の力が衰えてきている原因を探すため旅をするというのが3巻の大まかなあらすじ。ほんといろんな島を渡ってくれます。
私の衰えた脳みその中にもゲド戦記の舞台となっているアースシー世界の島々の地図が頭に浮かぶようになってまいりました。

3巻まで読んだはいいがいまだに?映画と精通するものが登場人物くらいしかありません。

果たして最期までには映画と同じようなストーリーが入ってるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/223-e5067495

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。