ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > アタゴオルは猫の森  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタゴオルは猫の森

2006 - 10/22 [Sun] - 21:37

アタゴオルを植物の女王から救うのだ!ますむらひろしのロングセラーコミックをCGアニメで映画化

緑に囲まれた豊かな土地、アタゴオル。年に一度のお祭りの日、トラブルメーカーのヒデヨシは何かが封印されている箱を見つけた。ギルバルスやテンプラ、ツキミ姫たちが止めるのも聞かず箱を開けるヒデヨシ。すると中から植物の女王ピレアが登場、歌でアタゴオルの住人たちを魅了してしまう。一方、ピレアから封印を解いたヒデヨシは、森の中で輝彦宮に出会った。2人はたちまち意気投合し…。


気になっていたのでLenard氏と見てまいりました。
原作は知らないけど劇場予告とかで面白そうだったしw

観てみた所子供向けなのかな~と思っていたのですが所々ちょっと大人向け?みたいな部分もあり対象の客を絞り込めてない印象がありますが良く出来ていたんじゃないかと。

音楽担当の石井竜也さんも(*^ー゚)b グッジョブ!! だったと思います。
総評として絶賛はしないまでもまぁありかな?という印象。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/230-99c8a64f

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。