ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > 鋼殻のレギオス4 ~コンフィデンシャル・コール~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼殻のレギオス4 ~コンフィデンシャル・コール~

2006 - 10/24 [Tue] - 14:50

コンフィデンシャル・コール―鋼殻のレギオス〈4〉 コンフィデンシャル・コール―鋼殻のレギオス〈4〉
雨木 シュウスケ (2006/10)
富士見書房
この商品の詳細を見る


二人は出会った。それはあらかじめ決められていたことかのように―。「ヴォルフシュテイン、この程度か?」少年は囁くように言う。「サリンバン教導傭兵団…」剄の力を加速的に飛躍させる違法酒密輸事件を捜査していたツェルニ都市警察とレイフォンは、偽造学生証を保持した集団に遭遇する。その中に、少年―ハイアがいた。グレンダンが誇る最強傭兵集団の三代目団長であるという彼がなぜここに?さらに違反酒捜査の手はツェルニの生徒にまで及び、それがいくつもの運命のいたずらを引き起こすことになる…。最強学園ファンタジー、第四弾。

また少し出ましたねレイフォンの過去エピソード。刀ではなく剣を使う理由・・・
なかなか(≧∇≦)b です。
この鋼殻のレギオスは主人公が強すぎるのがポイントで、これがうけいれられ無い人もいますがオッケな人には結構楽しめる作品かと。

今回理由あってナッキが小隊に入りましたね!個人的に好きなキャラクターなんでこの話で終わらずずっと小隊にいつづけて欲しいです!
短編もいまドラマガの方で書いてるらしいのでそれも楽しみの1つですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/233-5a697607

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。