ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記 > くにがみ屋  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くにがみ屋

2006 - 11/10 [Fri] - 21:09

くにがみ屋。店頭に貼ってあった"雑誌ぴあで究極のつけ麺30杯に選ばれました"という文句に引かれ入ったお店。

頼んだのはもちろんつけ麺(大)と鯛飯(普)。

まずはつけ麺の感想から。正直魚系特有のカツオだしの効いたスープなんだろうと思っていたら・・・

違った

うふふ・・・なんだろうこの酸味とスパイシーなスープはw
たしかに魚系のスープの味なのだがすっぱ辛いのだ、むぅこれはこれでなかなか美味しいぞ?
味にパンチが効いていて胃の中にするすると入っていく。

正直ここまでとは思っていなかったのでびっくりです。
一度食べてみるといいかもしれないですね。

そんでもって鯛飯。こっちはつけ麺とは違ってさっぱりとした感じの食べやすさでした。おにぎりなんかにするとホントに美味しいかもしれないですねw

っていうことで久々のヒット

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/248-7bc1320b

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。