ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界

2006 - 12/14 [Thu] - 23:18

アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界 アンダカの怪造学〈4〉笛吹き男の夢見る世界
日日日 (2006/09/30)
角川書店
この商品の詳細を見る


異世界から怪造生物を召喚する技術“怪造学”を学ぶ少女・空井伊依が通う古頃怪造高等学校が崩壊した!学校再建まで他校に間借りすることになり、修学旅行気分で旅立った古頃の生徒たちだったが、受け入れ先の殻蛇怪造高等学校は、不気味な雰囲気と奇妙な違和感に彩られている。しかも、そこには「怪造生物は友達」と公言する伊依と根底から対立する究極傲慢美少女・戯小路アルテが待ち受けていて…日日日ワールド第2部スタート。

むむ・・・まさか戯小路アルテが肉体改造(ヴェクサシオン)だったとは・・・。騙されてしまったorz
と、いう事で第2部に突入しましたアンダカの怪造学。アンダカには4つの勢力がかつて存在し現在2つの勢力が戦争中だという・・・。段々とアンダカの世界についてこれから語られていくという事でしょうか。

非常に続きに興味が沸いてきました!wktkしながら続きを待ちます~
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/293-957b16ef

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。