ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> アニメ・コミック・その他 > 読書についてのスタンス  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書についてのスタンス

2006 - 06/03 [Sat] - 19:53

ども、ブログを書き始めて明日でちょうど1ヶ月になります。

こういうブログを書き始めた事がきっかけで今ではいろんなライトノベル書評をしてる方のブログ等を覗くのが日課になりましたがその中のライトノベル読もうぜ!さんの以下の問いかけについて私も考えて見たいと思います。

<問いかけ内容>
みなさんは「読書」をどういうスタンスでとらえていますか?
みなさんにとって「読書」ってなんですか?



真面目に考えて見ると結構奥が深い問いかけですよね・・・(;^_^A
以下はあくまで私の私見で話させて頂きますが、私にとって"読書"とは"生活の一部"、"趣味・娯楽"、"一服の清涼剤"って所でしょうか。


私がライトノベルを手に取ったのが約9年前くらい・・・それからずっと私の中での価値観は変わってないです。
外出時にはライトノベルは常に携帯してますし、電車通勤での移動の時間での読書は結構良いもんですよねw


と、言うことで私も趣味として"読書"と挙げますが他の方も書いている通りライトノベルを幼稚なものと捉え、軽んじている輩が多いのもまた事実。


ほんと、ライトノベル良作を読ませて見たいです


文句があるなら一度でも読んでから言えと・・・
読書=難しい哲学書やらと結びつけて考えるのはどうかと思いますね。


まぁ、愚痴はこの辺で、
「皆もっとライトノベルを読むんだ!」
と、言う言葉で締めさせて頂きます。


この問いかけに着いて自分なりの回答をブログに載せている方、読ませて頂きましたが自分以外の忌憚の無いご意見大変参考になりました。
ありがとうございます(^人^)

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/31-8dbbb7c7

読書というものについてちょろっと

ライトノベル読もうぜ!さんでこのような問いかけ(下記)があったので、 常々思うようになっていたことを別に書く必要もないけど 自己顕示欲ってーのがあるじゃん?(語尾上がり)みたいな感じで書いてみたいと思う。 以下抜粋 さて、またちょっと雑談。 みなさんは「読書

5月購入本

電撃文庫・リリアとトレイズIV イクストーヴァの一番長い日 ・とある魔術の禁書目録<インデックス>(10)・とらドラ2!・お留守バンシー(2) ・月の盾・二階の妖怪王女4・

読書について本気汁出して考えてみた

本気じゃない汁ってどうやって出すんだだろう…>挨拶そう思いつつがんばったら、こう(↓)なった。どうみても出しすぎです、本当にありがとうございました。と、いうわ

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。