ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > アンダカの怪造学〈5〉嘘つき魔女の見つめる未来  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダカの怪造学〈5〉嘘つき魔女の見つめる未来

2007 - 02/01 [Thu] - 20:26

アンダカの怪造学〈5〉嘘つき魔女の見つめる未来 アンダカの怪造学〈5〉嘘つき魔女の見つめる未来
日日日 (2006/12)
角川書店
この商品の詳細を見る


異世界から怪造生物を召喚する技術「怪造学」を学ぶ少女・空井伊依。怪造生物によって破壊された彼女の母校・古頃怪造高等学校が再建された!しかも、開校最初のイベントは学園祭!学生生活に欠かせないこのビッグイベントに心浮き立つ生徒たち。一方、虚界では憤怒大公と悲哀大公が、泥沼化する戦争状態の決着を、古頃を舞台にした代理戦争でつける謀略を進めていて―?再び古頃は、崩壊してしまうのか!?学園祭は嵐の予感。

2部に入ってからどんどん話が進んで来てますね。新たに張り巡らされてる伏線も興味津々です。
今回は学園祭に関する話がメインテーマで伊依の「モンスターは友達」という思想がより具体性を持ちます。新しく出てきたキャラ、無城鬼京や虚島罠名なんかも良いキャラですね。

まぁ、一番すごかったのは舞弓のメイド服でしたけど。。。
イラストが載ってたけど最初全然わからんかったよ。蜘蛛の巣柄のバンダナを外すとあんなにも印象が変わるんですな。

つーか、メイド服にマシンガンって・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/353-fe5cb804

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。