ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > かのこん6  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこん6

2007 - 02/17 [Sat] - 20:52

かのこん 6 (6) かのこん 6 (6)
西野 かつみ (2007/01)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


小山田耕太(人間)と源ちずる(正体は狐の妖怪)は薫風高校の名物カップルだ。常に人目もはばからずいちゃいちゃラブラブしている二人にとって、初めて一緒に過ごす夏休みがやってきた。ちずるたちは、自称耕太の「アイジン」の少女・えぞ守望(狼の妖怪)、ちずるの弟・たゆら(狐の妖怪)や委員長・朝比奈あかね、耕太とちずるを「パパ上ママ上」と慕う双子の少女・七々尾蓮と藍たちを巻き込んで、遊びに行く計画を立てるが、そこに待ち受けていたのは意外な人物だったー。
絶好調・かのこんシリーズ、ひと夏のアバンチュールを体験!?の第6巻です!



2月12日読了。
相変わらずというか・・・いつの間にか6巻ですね。
まさか1巻からあの調子でここまでやってくるとは・・・w
まぁ、面白いから良いのですけれどどちらかというと話が進展していくよりも学園の日々を綴った方が私好みですんで最近の進み具合の遅さは逆に歓迎してますw

さて、このあとどんな展開になっていくのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/362-5486aabf

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。