ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > 墨攻  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墨攻

2007 - 02/25 [Sun] - 23:26

墨攻

アンディ・ラウ主演!日本が生んだ傑作コミックを、
アジアが総力をあげて映画化した歴史スペクタクル超大作

戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断する。墨家の革離(かくり)がたった1人で駆けつけたのは、その直後だった。兵に関する全権を粱王から与えられ、早速城を守る準備に取りかかる革離。趙軍の指揮官・巷淹中は革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。



私はこういうのを見るのが好きですし、今回もあまり内容は調べずにwktkしながら行って来ました。

あらすじ通りに、10万の軍勢に対し墨家から1人でやってきた革離の指示で見事撃退。
いやぁ~凄いですなw ってか弓つえぇよ弓。
なんであんなに狙い通りに飛んじゃうんですか!?

それと1点突っ込みたい所が・・・
梁王が革離が謀反を起こそうとしている、みたいな疑心暗鬼にかられ革離を追い出した後に趙が梁に夜襲をかけるシーン。
なんと趙は気球にのって空から襲撃してきたじゃありませんか!!

ってか、最初からやれってw

序盤に兵の半数を失ったあの戦略はどうなのよ!?とw


まぁ、なにはともあれそこそこ楽しめたんじゃないかなと

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/370-8fa9fd2e

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。