ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:ま行 > ムシウタ 08.夢時めく刻印  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムシウタ 08.夢時めく刻印

2007 - 03/11 [Sun] - 04:30

ムシウタ 8 (8) ムシウタ 8 (8)
岩井 恭平 (2007/02)
角川書店
この商品の詳細を見る


それは、最高で最悪のトレンド・メイカー!
“大喰い”との激しい戦いにより、自らの“虫”を暴走させてしまった“かっこう”こと薬屋大助。特環の隔離施設を脱走した彼が逃亡先に選んだ街では、奇妙なマーク“コアトルヘッド”が恐るべき速度で増殖していた!


久々の本編新刊!いやぁ、待ってましたともw
舞台は07で"大喰い"と戦った後の話。いきなり"かっこう"が成虫化の兆候で暴れまわってる所から始まります。。。

・・・(  )━━(Д` )━━(´Д`)

Σr(‘Д‘n)マジスカ!?
主人公がいなくなっちゃうんじゃないかとドキドキしながら読んでましたがいきなりいい展開でしたね~。序盤で一気に引き込まれました。
その後のかっこうの逃亡劇も目が離せなかったんだけど最近読んだ「DDD」に続きまた騙されました・・・w

かっこうだと思って読んでたのに終盤で脱走直後に戦った相手"墓守"だという事実。騙されましたわ・・・それも250ページ分の間も・・・
後半の、"しぇらVS墓守"や"萌々VSしぇら"etc...も立て続けに戦闘シーンが入って目が離せなかったしかなり面白かったです!

岩井恭平さんの作品はこの"ムシウタ"や"消閑の挑戦者"等どれをとっても私の中で上位に入るけど、今回も良かったもののいくつか惜しい所も見られました。
萌々が"墓守"を好きになった経緯がもう少し欲しかった。あれだと最期の萌々が殲滅班やかっこうを退けてまで墓守の元に行きたかった思いが伝わらないかな?

あと個人的に途中までかっこうの話だと思って読んでて、「おwかっこうにも甘い展開が?w」なんて思ってたのに実は墓守でしたって言う展開が・・・。いつかかっこうにも良いお話がある事を願いますがw


あとがきで知った話ですがどうやらムシウタのアニメ化の話が進んでいる模様ですね。まだ詳しい話は決まっていないみたいですがwktkしながら待ちたいと思います。


★★★★☆・・・今後の展開に目が離せませんね!
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/381-b100f355

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。