ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > アンダカの怪造学~Ⅰネームレス・フェニックス~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダカの怪造学~Ⅰネームレス・フェニックス~

2006 - 06/10 [Sat] - 00:50

アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス
日日日 (2005/05/29)
角川書店
この商品の詳細を見る


ここ最近お気に入りの著者となっている日日日(あきら)さんの小説です。ん~そろそろ日日日作品半分以上は読んだかな?

読んでみた感想としてはアレですよ!
いつも通り日日日ワールド全開!って感じです。日日日の作品が好きなラノベ好きは一読の価値ありですね。

とりあえず1冊目ということでちょいと説明を・・・

果てしなく遠い隣の異世界、虚界(アンダカ)。この小説の舞台となっているのは編んだかに生息する生物(モンスター)をこちらの世界(カナイ)に召喚(怪造)する学問が一般的に存在する現代物のストーリーです。
主人公は改造生物と共存できる世界を目指してアンダカの改造学を目指し古頃改造高等学校に入試を受ける所からスタートします。


と、まぁ説明はここら辺にして日日日の作品みて思うのはホント個性的なキャラが多いなぁって所ですかw蟲と眼球シリーズ然り・・・狂乱家族日記然り・・・。
よくそんなネタキャラ思いつくなぁってくらい出ますよね。
今回もすらすらと読めて面白かったっすよ。
現在3巻まで出てるんで2巻目買いに行くのが楽しみ~(^ー^* )
スポンサーサイト

はじめまして。
日日日は私も好きです!
狂乱家族とアンダカは全部見ましたが、蟲シリーズはまだ見てないですね……。
本当に、あの斜め上を行くネーミングセンスは素敵だと思いますw
またきますねー。

いらっしゃいませ!

どうも~はじめまして。
日日日の作品はホントすごいよねw
まだ全部読んで無いですけど一応一通り買うつもりです。

ヘタレなレビューですけどいつでも来てくださいな~

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/39-4eabee2c

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。