ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > クジラのソラ 01  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラのソラ 01

2007 - 04/19 [Thu] - 23:35

クジラのソラ 01 クジラのソラ 01
瀬尾 つかさ (2006/09/20)
富士見書房
この商品の詳細を見る


10年前。地球は異星人の圧倒的艦隊の前に全面降伏した。彼らが人類に課したのはたったひとつのシステム。“ゲーム”。各国政府の後押しをうけ、人々は“ゲーム”に熱狂した―。“ゲーム”のWG優勝者であり、宇宙へ旅立った兄の後を追う少女・桟敷原雫。しかし、チームメイトと仲間割れし参加資格を失ってしまった雫は、伝説のメカニックと言われる聖一を自分のチーム“ジュライ”に引き入れようと奮闘する。「仲間になってもいい。ただし、彼女に勝ったらな」。聖一が出した条件。それは、従妹の冬湖に“ゲーム”で勝つこと。雫は勇んで“ゲーム”に臨むが!?「リリック―くじらたちの歌を聞くの」宙にくじらの旋律が響く時、“ゲーム”は真実の姿を雫の前に現す―。スペース・ファンタジー開幕。

琥珀の心臓でデビューした瀬尾つかささんの新シリーズ。
まぁ、琥珀の心臓は読んでないので私はコレが初めてになります。

読んでみて、最初はシリーズものじゃないのかな?っていうくらい結構展開が速かった気がします。まぁ、端折ってるように感じると言っても上手い具合には調整されているようですが。

で、私は結構このお話は好きかな~と。なんていうか設定が私好みかな。続きも気になるし・・・っていうかもう手元にあるし一気に読むとしますw

★★★★・・・富士見ファンタジア久しぶりのヒット?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/411-66dbbc0d

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。