ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:ま行 > ミミズクと夜の王  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミミズクと夜の王

2007 - 05/31 [Thu] - 22:43

ミミズクと夜の王 ミミズクと夜の王
紅玉 いづき (2007/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


今年の大賞の作品・・・だったかな?
評判も良く探していたんですがなかなか見つからず、少し前に本屋に行った時にようやく売っているのを発見し購入。


読んでみて、"買って良かった"と思える良作でした。
ファンタジー物で、最近のライトノベルで良くあるようなキャラの個性を重視した感じのものではなく。ただ純粋な意味での"物語り"を読んだって気がします。

なんていうのかな?ライトノベルって感じじゃないんですよね。それに電撃文庫から出ているものとしてはかなり異色な感じ。

読後感も良く話の中での主人公が刻々と変わっていく様はみていてグッドでした。正直、もっとボリュームがあっても良かった気がするけれどはしょった感じもしなかったんでこれはこれでいいのかな?


興味が沸いたら読んでみるといいでしょう。

★★★★★・・・今年の読んだ作品の中ではTOP5に入るかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/433-3515acf9

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。