ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか?

2007 - 06/20 [Wed] - 22:17

ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか? ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか?
水口 敬文 (2006/06/30)
角川書店
この商品の詳細を見る


失われた強大な力―魔法。だが、その力は形を変え「偽りの魔術」として現代にも受け継がれていた。高校生の綾白未玖とその過保護な姉である夏咲も“力”を使うことができる「魔女」の姉妹。しかし魔女を守るはずの組織「連盟」が二人を襲い始めたとき、未玖から魔術起動の象徴・八重桜が大量に舞い始める!そこには未玖の持つ「偽りの魔術」を根底から覆す秘密があった!強く優しき魔女たちによる運命の踊りが今、始まる。

なかなか良い姉妹愛を描いたもの。
ストーリーとしても今後に期待が持てそうですし、結構好きかも。
ただ、1冊読んだ現在ではあまり著者の特筆すべき所が見えなかったので
もう少し様子を見てみたいですね。

もう2巻まで出ているので今度買ってみようかな~と。

★★★☆・・・続巻を買う候補?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/440-4e0dd86a

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。