ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:ら行 > レゾナンス 夕色の堕落  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゾナンス 夕色の堕落

2007 - 07/12 [Thu] - 23:38

レゾナンス 1.夕色の墜落 レゾナンス 1.夕色の墜落
山原 ユキ (2006/08/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


第10回スニーカー大賞“優秀賞”受賞作。霧崎深也は脳に寄生した力を使って対象を焼き尽くす、“形生局”の特殊技能代行人。深也は奇怪な連続殺人捜査のため瀞明学園に転入するが、ひとりの少女に屋上へと呼び出される。「あなたを待っていたの…」彼女の名は遠野昼子。深也は捜査対象として接触を試みるが、逆に彼女が何者かに襲われる。彼女は敵か味方か!?共鳴した力は悲劇を呼び、誰もいない校舎に悲しみの炎が舞う。

現代・超能力ものでポイントは能力を使える人は何らかの精神的傷を持ってるって事。
話の展開にやや不満が個人的にあったりしたけど結構良かったかも。
続きが出たら買ってみようかなと検討ちぅ。

★★★☆・・・遠野昼子をもうちと掘り下げてほしかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/450-7abd9bca

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。