ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

2007 - 07/21 [Sat] - 23:52

ハリーとヴォルデモートを結ぶ秘密が明かされる!

ホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリー。しかし、ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が全く知られていなかった。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が自分の地位を狙って嘘をついていると疑う。ダンブルドアとホグワーツの生徒たちを監視するために、「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師、ドローレス・アンブリッジ先生を送り込む。ドローレス先生の仕打ちから、窮地に陥れられたハリーは…。


前回の炎のゴブレットは気がつけば映画館での上映が終わっていて家で見ることになってしまったという経緯から今回は早めに行ってきました。

そういえば・・・

ハリーポッターって何年前から始まったっけ?

ふとそんな疑問が映画を見ている最中に湧き上がってきました。
まぁ、ありていに言うとハリーが成長しすぎて少し違和感が見過ごせなくなってきているわけですがw
まぁ、長編物はしょうがないのかな?しかもこの頃の年齢って成長早いもんねぇ、、、などと少し回想してみたり。

内容は結構面白かったんですけど、いろいろ気になってしまってあまり集中して見れなかったかもしれないです。
まぁ、集中出来てないって事は私の中ではそれほどでもないということになってしまうのかもしれないけれど。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/459-66a1f6c0

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。