ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > エヴァンゲリヲン新劇場版:序  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

2007 - 09/07 [Fri] - 23:38

突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”。人類の半数近くが死にいたり、世界各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた…。ようやく平穏な日々が戻ったと思われたとき、14歳の少年・碇シンジは父親から第3新東京市へ呼び出され、出迎えを待っていた。その眼前の山あいから巨大な生物が出現。その“使徒”と呼ばれる正体不明の存在は、国連軍と激しい交戦を開始し、シンジは爆風に巻き込まれてしまう。そんなシンジの命を救ったのは、特務機関NERVの作戦部長・葛木ミサトだった。そこでシンジは父との再会を果たすが、極秘裏に開発された巨大な人型兵器<エヴァンゲリオン>を見せられ、使徒との戦いを強要される…。

観てきましたよエヴァ!
しばらく前からいろいろとネットなどで言われていましたが、私も久々のエヴァと言うことで興味あったわけですよ。

結果は、



(≧∇≦)b GJ!


劇場版を意識したのか、迫力があって細かい部分に修正が入っていたり当時エヴァファンだった人は一度観て見ることをおすすめします。

私が見たのが夜からの上映だったのですが、席は9割方埋ってたしやっぱりというか年齢層が高いですねw 20台半ばが一番多かった気が。

まぁ何はともあれ最期まで見終わった周りの反応もいい意味でざわついていたし"良かった"言えるものだったと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/487-d78e47d1

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。