ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > ポセイドン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポセイドン

2006 - 06/16 [Fri] - 21:09

いやぁ、実は見る映画決めて無かったんですよね~(〃∇〃) てれっ

突発企画だったもので、その場で決めようって事でいざチケット売り場へ!
上映作品を←・・・・・・(・ω・。) ジーッと眺めつつ候補に挙がったのが"オーメン"と"ポセイドン"でした。

しかし・・・私は実はホラー物が苦手気味で家で見たりする時は布団を抱きしめつつ見るような男ですorz
今日は、客も少ないだろうし一人で見る勇気がありませんでした・・・


で、結局"ポセイドン"にw


ポセイドンのあらすじ
大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では、華やかなパーティーが開催されていた。元ニューヨーク市長のラムジーは、娘のジェニファーとボーイフレンド・クリスチャンの仲睦まじい様子を苦々しい気分で眺めていた。人々は、思い思いに豪華な船上パーティーを楽しんでいる。しかし、その時超巨大津波がポセイドン号を飲み込んだ!船は完全に転覆し、乗客たちは上下反転した船の中に閉じ込められた…。


まぁ、いわゆる自然災害ものです。登場人物が知恵を絞り迫り来る"死"から必死に脱出する様は観てて飽きが来なかったですね。
要所要所で窮地に立たされる登場人物。うん、映画館で観て良かった。

やっぱりこういう大自然の驚異っていうか派手なアクションがある映画は映画館で観るに限りますよね!臨場感が違う!!

今日は平日と言うこともあってお客が30人弱しかいなかったから周りに人がいない、しかも私は中央最前列ど真ん中。

良かったw(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/51-f89c3bee

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。