ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > 狼と香辛料 6  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料 6

2008 - 01/31 [Thu] - 23:56

狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)
(2007/12/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


エーブを追いかけて川を下る・・・
狼と香辛料シリーズの序盤の頃と違って今回特にロレンスが窮地に立たされるとか等はないものの、ロレンスとホロの小気味いいやり取りは健在で読んでてホッとします。
この6巻などはこの狼と香辛料の何が好きかによって評価は分かれるんじゃないかな?

今回、ホロとロレンスの旅路に1人少年が追加されますが、今後この少年を交えてどんな物語がつむがれていくのか非常に楽しみですね。


★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/569-81b11d13

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。