ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:あ行 > アンダカの怪造学~Ⅱ モノクロ・エンジェル~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダカの怪造学~Ⅱ モノクロ・エンジェル~

2006 - 06/20 [Tue] - 14:57

アンダカの怪造学(2) モノクロ・エンジェル アンダカの怪造学(2) モノクロ・エンジェル
日日日 (2005/11/30)
角川書店
この商品の詳細を見る


異世界から怪造生物を召還する“怪造学”を学ぶ空井伊依は、怪造生物と人類の共存を夢見る少女。ある晩、伊依は傷ついた怪造生物を保護するが、そこに現れた少女剣士・戦橋舞弓から、その怪造生物を始末するために引き渡しを要求される!伊依にとってすべての怪造生物は友だち。その小さな命を見殺しにすることなどできない。だが、そんな伊依に舞弓は残酷な事実を語る。その怪造生物を殺さなければ7日後に世界が滅びると―。


2巻目です。今回は"戦橋舞弓(たたかはし まいゆみ)"という新たなメインキャラ登場です。

期待通りのキャラの濃さですヾ(〃^∇^)ノ

ここまで読んであれですけど空井伊依の担当教諭となった先生は皆死ぬんですか?w
3巻目でも同じだったらちょっとワンパターンですね~。

今回のお話、戦橋舞弓と空井伊依の絡みが結構面白くてd(>_< )Good!!でした。

最後に語っていた怪造学会副総長の台詞も気になりますよね。
今後伊依がどういう風に成長し、話が進んでいくのか楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/58-b81f33b4

アンダカの怪造学(?) モノクロ・エンジェル 感想

アンダカの怪造学(2) モノクロ・エンジェル日日日 角川書店 今回もなかなか面白かったです日日日さんの書いているものを読むのは3シリーズ目なんですが今のところどのシリーズも面白いと思います

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。