ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ラノベタイトル:か行 > カレとカノジョと召喚魔法6  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレとカノジョと召喚魔法6

2006 - 07/03 [Mon] - 21:01

カレとカノジョと召喚魔法〈6〉    電撃文庫 カレとカノジョと召喚魔法〈6〉 電撃文庫
上月 司 (2006/03)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


カレ:水瀬遊矢。カノジョの幼馴染であり、想い人…だった。玲との戦いの後、カレに関する記憶・痕跡がすべてなくなってしまったことが意味するのは、つまり―。カノジョ:白銀雪子。容姿端麗。運動能力抜群。恋人なし・好きな人なし・幼馴染、なし。リールゥ:八年前、カレがカノジョを救うために召喚魔法を用いて召喚び出した悪魔。クリスマスイヴ:カノジョがカレに対する想いを改めて伝え、カレとの関係を明確にしようとしていた日。全てを忘れたカノジョは、カレを取り戻すことができるのか…。


シリーズ最終巻です。っていうか最終章の"下"巻?5巻かんがあまりにもいいところで終わってたので翌日に速攻で見ることにしました。

5巻の最後、玲と遊也とのバトルの最後から6巻の前半、遊也のいない雪子の生活・・・うああああ!引っ張りすぎですよ~><
気になるじゃんかw


でも、中盤から一気に結末へと加速していくのはかなり読み応えありましたね。とても綺麗にまとまっていたと思います。(満足♪)
あとがきとか読みながらふと思ったんですけど作者の"上月 司"さんてこれがデビュー作だったんですよねぇ・・・

ってか、あとがきの中で6巻を仕上げるためにカンヅメをやったのは良いとして。


場所を秋葉原にしたのには笑えましたよw


ぉぃぉぃ、欲望に忠実ですね!w

それと5~6巻の画像が無かった・・・BUNBUNさんの絵が・・・残念。


最後に、最終巻まで読んでみての感想としては中盤で3~4巻辺り?で続きを購入する事を悩む人っているかもしれません。
だけどぜひとも最終巻5~6巻を買って読んで欲しい。そんな作品でした。

上月先生の次回作に期待してます!
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thingumemories.blog65.fc2.com/tb.php/73-0a8685de

 | HOME | 

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。