ゲームやライトノベルの感想、食べ歩いたおいしいお店等日々の記録を綴った日記(みたいなもの)

  記憶の紙片のナビゲーター   トップページ > ラノベタイトル:か行  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロリアスドーン アイキャッチ1(短編集) 今日のティセ子さん

2008 - 02/25 [Mon] - 00:58

グロリアスドーン アイキャッチ1(短編集) 今日のティセ子さん (HJ文庫 し 1-1-5) (HJ文庫 し 1-1-5)グロリアスドーン アイキャッチ1(短編集) 今日のティセ子さん (HJ文庫 し 1-1-5) (HJ文庫 し 1-1-5)
(2008/01/28)
庄司卓

商品詳細を見る


「キャラの!」にて掲載された「グロリア
スドーン」短編が満を持して単行本化!
SF色が強めの本編に比べ、こちらは東
京都・足立区を舞台にキャラクターが
活き活きと大暴れする新感覚地域密
着型ノベルでありんす。本篇にはでて
こない謎の美少女なんかも出てきちゃ
ったりして!


グロリアスドーンの短編集ってことですが、4巻もそんな雰囲気あったし連続はちょっとどうなのよ?などと思ったりしましたが・・・

短編のみのオリジナルキャラってのが出るって事でしたが・・・・最期だけかよ!?w
表紙にもなっているってのに少なくないですかねぇ・・・

★★★

グロリアスドーン 4

2008 - 02/23 [Sat] - 00:52

グロリアスドーン 4 (HJ文庫 し 1-1-4)グロリアスドーン 4 (HJ文庫 し 1-1-4)
(2007/09/01)
庄司 卓

商品詳細を見る


今回のお話からSFは控えめに。代わりに魅力的な女性キャラクター&ラブコメをフィーチャー!!
夏休み、とある観光地のマリンリゾートに偶然ティセ、ティル、ティオが鉢合わせ!(! ギャァァァ!) そして新たに現れる美女の正体は? 4巻は装いもあらたに更にパワーアップ!!



今回は外伝みたいなもの(?)で海に行った所での話しだけれども、本筋にはあまり関係なく正直、読み飛ばしても問題はないと思う。
1巻丸まるこの話にするのはちと無駄かなと思っちゃったら、楽しめないので間違っても思わないようにw

★★☆

グロリアスドーン3 少女は宵闇に彷徨う

2008 - 02/19 [Tue] - 00:39

グロリアスドーン3 少女は宵闇に彷徨う (HJ文庫 し 1-1-3)グロリアスドーン3 少女は宵闇に彷徨う (HJ文庫 し 1-1-3)
(2007/04/28)
庄司 卓

商品詳細を見る


絶対、ティオは4女じゃねぇ!
そう突っ込まずにはいられない・・・そんな事を思ってしまうのは普通ですよね...

順調なペースでティオが登場し、大体メインメンバーが揃ったかな?といった感じ。
まだまだ話が序盤の様な感じなので良くも悪くも今後の展開次第かな?


★★★☆

クジラのソラ 4

2008 - 02/09 [Sat] - 23:30

クジラのソラ 4 (4) (富士見ファンタジア文庫 159-5)クジラのソラ 4 (4) (富士見ファンタジア文庫 159-5)
(2007/11)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る


いよいよ、最終巻。
かなり早い展開でここまで進んできただけに、最期は少し物足りなくなるんじゃ?なんて思ってましたが、最期の展開は私好みでした。
このクジラのソラで好きなキャラクターは実はアリス・ヴァレンタインや聖一だったり、要はプレイヤーじゃなくて裏方?側なんですよねわたし。
だから、短編とか出すとかそういう話があるなら、最終巻の後のその2人の話だったり、聖一の補佐役として活躍しているという27人の子供の話なんかも出してほしいなぁ、と思うわけですよ。

ってか、それが読みたい!

だしてくれんかなぁw

★★★★☆・・・アリスと聖一の掛け合いが妙に気に入ってたりしてます。

クジラのソラ 3

2008 - 02/09 [Sat] - 23:25

クジラのソラ 3 (3)クジラのソラ 3 (3)
(2007/05)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る


少女たちの闘いは宇宙へ、スペースファンタジー第三弾!
WG三回戦を勝ち抜き準決勝へ進出する雫たち<ジュライ>。準決勝で当たる相手は、くじら憑きと思しきアウターシンガー。三回戦を観戦した真治は、準決勝の相手が宇宙に消えたはずの冬湖の両親枕井夫妻だと断言する


このシリーズ、結構自分好みで良いのですけど少しペース早いですよね。
あっという間に世界大会の終わりですよw
全4巻と制約があったのかどうかは知らないけどもう少しいろいろと内容を膨らませて欲しいところでした。
ここ3巻までを通して、"必死"に勝ち進んでいく・・・ってのが強すぎて他の伏線が少し霞んでしまっているような感じがしましたねぇ。。。
ですが、いよいよクライマックスに向けて大詰め。続きが楽しみですw


★★★★

« | HOME |  »

ブログ内検索

最新コメント

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。